工務店での断熱材の仕入れ方

断熱工法で選ぶ工務店

トップ / 工務店での断熱材の仕入れ方

工務店,断熱

断熱工法で選ぶ工務店とは 

住宅には冷暖房の性能を高めるための基本性能が必要ですが、高気密高断熱工法が採用されることが多くなっています。工務店でも対応可能な技術ですし、現に多数の業者が独自の工法を導入している実績があります。主に暖房性能を高めるものと思われていますが、冷房にも効果があるため基本性能の高い住宅とすることが可能です。気密性が高くなるため計画換気システムが必要ですが、工務店にとっては特別難易度の高い技術ではありませんので、高気密高断熱工法でプランを計画するのが良い方法です。業者によって費用や工法が異なるため、業者選びが重要となります。

グラスウールの断熱材の値引き 

断熱材を利用する際に長期的に見て性能が安定している素材がグラスウールですが、工務店によっては値段の違いが出てきます。とは言え不当に利益を載せているケースは少なく、卸価格の違いもしくは施工方法の違いによるものです。新築時や大規模リフォーム時には出来るだけ詳細な見積を取るようにしましょう。この時断熱材が相場より高い場合は仕入れについて相談しましょう。良心的な工務店の場合、安い仕入先等を提示すればそのぶん安くなります。取引関係が有るために業者からは安い卸業者を提示できませんが、顧客が持ち込むならば問題ないからです。

断熱に関する情報