工務店で断熱対策を図る

工務店で断熱対策

トップ

工務店,断熱

工務店に高断熱住宅を希望する 

新しい家を建てて省エネを目指したいのであれば、工務店に頼んで高断熱の住宅を建てる必要があります。住宅の壁や床・窓などに特殊な材料が使われていたり、加工が施されるものを導入することで効果が高くなり省エネにつながります。新築住宅建設を取り扱っている工務店の中でも断熱住宅を得意としている企業があるので、どの程度省エネ効果があるのか確かめてから、設計や見積もりの依頼を行うと良いです。内装と外装それぞれで対策を行えば、夏は涼しく冬は暖かい家を建てることが可能となり、エアコンなどの稼働率が低くなって無駄なエネルギーを使わなくて済むようになります。

外と内からの断熱について 

家の快適さを決める一つとして断熱対策がしっかりできているかが上げられます。工務店では2つの方法を提案していることが多いでしょう。一つは壁紙などのすぐ内側に設置する方法、もう一つは外壁材の直ぐ下に設置する方法です。外壁のすぐ下に置く方法は外断熱と呼ばれ、柱などの部材も含めて家を丸ごと包んで機密性を保つことができます。結露が発生しないなどメリットもある分、コストは内断熱に比べて割高となります。工務店で状況に合わせてどちらの方法がよいか提案をしてくれるでしょう。外気と遮断することで湿度や温度を快適な状態に保ち、夏は涼しく、冬は暖かい快適な暮らしをすることができるでしょう。

断熱に関する情報

新着情報